-->
破産許可が済んだときどういう種類の損失(デメリット)がありうるのかは破産を考えた人にとって確実に欲しい説明だと思います。破産者にもたらされるハンデについて事柄を並べ書きにしたいと思います。・役場の破産者の一覧に掲載されます。※国の証明書を出すための基礎資料であるので一般の人はコピーすることができないし免責の許諾がなされれば取り消されます。・官報において記載される。※新聞とは違って通常の書店では置かれていませんし、ほぼすべての人には縁もゆかりもないことであると言えます。・公法でのライセンス限定。※破産宣告者になったときは法律専門家、会計士、代書人、税理士などの有資格者は資格失効になって業務ができません。・私法上でのライセンス限定。※破産認定者は後見、連帯保証人、遺言実行人をやることが許されません。それだけでなく合資会社の労働者と株式形式の会社、有限の会社の監査役の人は退任根拠とされます。・住宅ローンやクレジット用カードを使うことが不可能になります。また、破産管財人が入る事件のとき次のような制約も追加されます。・破産者自身の所有物を自由に使用、破棄することが不可能になります。・破産管財担当者や債権者グループの要請によって必要な弁明をしなければならなくなります。・司法の許可なしに住所の移動や長めの旅行をしてはいけなくなります。・法が必要と許可した場合は破産者は拘束されるケースがありうるのです。・郵便は破産管財者に届けられ破産管財をする人は届いた配達物を開封可能です。その他、破産者のデメリットの、大抵誤解されがちな項目を列挙形式にしておきます。1戸籍と住民台帳には載りません。2組織は破産を原因にリストラすることは認められません。※原則的に破産者から言葉にしないかぎり周囲にばれることはありません。3投票の権利や選挙に出る権利などの権限は剥奪されません。4連帯保証役になっていなければ、家族に返済責任などは存在しません。5日常生活に必須な家財(ノートPCTVなどを含めて)服などは差し押さえられることはありません。自己破産人の困難をあげてみました。破産の申し立てをすれば返済責任は帳消しになるでしょうが上記のような困難が存在します。破産申請を行う上で効果も困難真面目に検討した方がよいと考えます。

Link

Copyright © 1997 www.austin-artists.com All Rights Reserved.