-->
破産の手続きによると、申し立て者は初めに申立用の書類を申し立てる人の住居を管理する地裁に届けるということになります。申請する人から申請があると地裁は、破産申請の承認をするべき要因が存在するかどうかといったことを審査する流れになり審査の終わったとき申し立てた人に返済不能な状態など破産受理の必要な条件が満たされている場合は、破産申請の許可が与えられることになります。けれど、自己破産申請の許諾があってもそれだけだと返済責任が消えたことにはなりません。続けて免責の認定を申請する必要性があります。免責という用語は自己破産申立の手続き上において支払いが無理な申し立て者の返済額について法によりその責任を帳消しにすることをいうのです。※要するに借金をゼロに戻すことです。免責の場合でも自己破産の認定の手続きと同じで裁判所で検討がおこなわれて審理の終了後免責の認可がもたらされ申し立て者は責任から免れることになり借金額は消滅となるのです、そしてカードが使用不可になることを除き自己破産判定者におよぶデメリットからも逃れられるということになります。免責非認定(借金をまっさらにしない)という判断がなされた場合負債および破産者にもたらされる困難は残されることになってしまいます。破産に関する法律の免責制度は止むを得ない事情があって債務を負ってしまい苦しむ債務者を救助するためのシステムです。ですから資財を秘密にして自己破産申立の実行をしたりして地裁に偽の申立書を届けるなど破産システムを悪用しようとする人間であるとか賭け事やキャバクラなどの浪費で多重債務を負うことになった人達の場合はその人の破産の許諾手続きを停止したり免責が許されることはありません。破産に関する法律では、免責承認をもらう資格が認められない事例をすでに出した状態の他いくつか説明してありそれを免責不許可の事由といいます。

Link

Copyright © 1997 www.austin-artists.com All Rights Reserved.